40代にオルビスユーはおすすめ?オルビス ユー ドットの違いを徹底比較!

人気ブランドのオルビスですが、オルビスユーオルビスユードットなど複数のラインがあり、40代が使うにはどれがおすすめなのか、選びきれない人もいるのでは?自分の肌質や年代にあわないものを選んでしまうと、肌はうるおいやハリが不足してしまいます。

このページでは40代にぴったりなオルビスのスキンケアを選べるよう、成分などから徹底比較します!口コミでも人気のオルビススキンケアでふっくらと弾力のあるツヤ肌を目指しましょう。

目次

オルビスユーの特徴

オルビスのエイジングケアラインのひとつである「オルビスユー」ですが、基本の保湿ケアアイテムは「オルビスユーローション」と「オルビスユーモイスチャー」のみのラインナップです。

通常のエイジングケアラインでは美容液やクリームなど、品数が増えていくものですが、とてもシンプルなシリーズですね。

そもそもオルビスユーのコンセプトが

与えるだけのエイジングケアに終止符を

と謳っていることも納得できます。ローションはとろっとしているのに、つけた瞬間になじむ、みずみずしいテクスチャーです。モイスチャーも水分クリームといった感じのジェルのようなテクスチャーです。

敏感肌向けのシンプルな化粧水で、保湿力でいくと、こってりというよりは水分感の強いサラサラしっとり系という感じ。オルビスユーは混合肌やインナードライ肌の40代におすすめです。

とはいえ、オルビスユーローション シリーズのターゲットの年齢層は30代です。40代だと保湿力が物足りなく感じる人もいるでしょう。

オルビスをはじめて利用する人限定で、美白とシワ改善効果のある美容液と今治タオルつきで、オルビスユーのスキンケアがラインで試せるトライアルセットがあるので、気になる人は試してみてくださいね。

オルビスユードットの特徴

オルビスユードットも基本の保湿ケアについては、オルビスユードットローションとオルビスユードットモイスチャーのみのラインナップです。

どちらも「トラネキサム酸」を美白有効成分として配合。メラニンの生成を抑え、シミそばかすを防ぐされた医薬部外品のスキンケアです。

まず美白ケアができるという点でオルビスユーとはことなります。

また保湿成分もベース成分として濃グリセリンが配合され、導入液にもよく配合される成分も入っているため、オルビスユーよりしっとりとした仕上がりが予想される配合で年齢層としては40代以降におすすめです。

オルビスをはじめて利用する人限定で、美白とシワ改善効果のある美容液と今治タオルつきで、オルビスユードットのスキンケアがラインで試せるトライアルセットがあるので、気になる人は試してみてくださいね。

40代にオルビスユーはおすすめ?オルビス ユー ドットの違いを徹底比較!

オルビスユーローションと、オルビスユードットローションの成分を比較してみましょう。

オルビスユーローションオルビスユードットローション
水、BG、グリセリン、ジグリセリン、プロパンジオール、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、シナノキエキス、PEG-75、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-400、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン【有効成分】トラネキサム酸 【その他の成分】水、濃グリセリン、BG、イソプレングリコール、ソルビット液、スイカズラエキス、メマツヨイグサ抽出液、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ジグリセリン、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、PEG(80)、クエン酸、クエン酸Na、アルギン酸Na、キサンタンガム、フェノキシエタノール、メチルパラベン 

オルビスユーローションは植物エキスを中心にしゅうれん作用があるようなさっぱりした保湿成分を配合しています。

オルビスユードットローションの特徴はトラネキサム酸が美白有効成分として配合されていること。また保湿成分もよりしっとり感を求める配合です。

そもそもオルビスユーの年齢コンセプトが30代を想定していて、オルビスユードットが40代以降の年齢向けなので、当然といえば当然ですね。

テクスチャーはオルビスユーも、オルビスユードットも似ていて、とろみのある濃厚な感じなのに、角質層にスッと浸透し、みずみずしくうるおします。

とろみがあって、なかなか肌になじまないタイプの化粧水もありますが、オルビスユーもドットも肌なじみはとてもいいです。

40代におすすめ!オルビスユーとドットのモイスチャーを比較!

オルビスユーモイスチャーとオルビスユードットモイスチャーの成分を比較してみましょう。

オルビスユーモイスチャーオルビスユードットモイスチャー
【全成分表示】水、グリセリン、BG、ジグリセリン、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、カラスムギ穀粒エキス、PEG-75、プロパンジオール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-150、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、アクリル酸Naグラフトデンプン、酸化チタン、カルボマー、ベントナイト、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン 【有効成分】トラネキサム酸 【その他の成分】水、濃グリセリン、α-オレフィンオリゴマー、エチルヘキサン酸セチル、BG、ソルビット液、ジメチコン、ステアリン酸ソルビタン、セタノール、パルミチン酸セチル、ベヘニルアルコール、マイクロクリスタリンワックス、ステアリン酸PEG、ステアリン酸、スイカズラエキス、メマツヨイグサ抽出液、ワセリン、ジグリセリン、ビタミンE、ポリオキシブチレンポリグリセリンステアリルエーテル、クエン酸、クエン酸Na、水酸化K、ポリエチレングリコール・デシルテトラデセス-20・ヘキサメチレンジイソシアネート共重合体、カルボキシビニルポリマー、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン 

なんといってもオルビスモイスチャーとオルビスユードットモイスチャーの違いは「トラネキサム酸」です。オルビスユードットは美白有効成分を配合した薬用のモイスチャークリームです。

また、オルビスユーはまるで水分クリームといった、グリセリンやBGを基本として、植物エキスを配合。水分を与えることをコンセプトにしたジュレのようなテクスチャーのクリームです。オイリーなのが苦手な人におすすめです。

オルビスユードットは、配合される保湿成分も比べると濃厚です。やはり年齢層として40代以降を想定して作られているという印象。

テクスチャーもドットの方が濃厚です。

40代におすすめ!オルビスユーとドットの洗顔料を比較

最後にオルビスユーの洗顔とオルビスユードットの洗顔を比較していきます。

オルビスユーウォッシュオルビスユードットウォッシュ
 水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール、デシルグルコシド、モロッコ溶岩クレイ、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-39、BG、DPG、セルロースガム  【有効成分】グリチルリチン酸2K 【その他の成分】水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、ジグリセリン、アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミドコーポリマー液、アルキルグリコシド、スイカズラエキス、メマツヨイグサ抽出液、イザヨイバラエキス、BG、カルボキシメチルセルロースNa 

オルビスユーとオルビスユードットの洗顔料は、仕上がりも泡の感じもまったく違っています。

まず泡ですが、オルビスユードットの方がきめ細かく密度が高い泡立ちです。またオルビスユーのほうが洗い上がりは「さっぱり」とした仕上がりなのは、汚れを吸着するクレイを配合しているからでしょうか。

オルビスユードットの方がしっとりとした洗い上がりなのと、抗炎症成分のグリチルリチン酸を配合しています。

さっぱり洗いたいなら、オルビスユー

しっとり洗いたいなら、オルビスユードット

とすれば選びやすいですね。

40代におすすめなオルビスユーのトライアルセット

トライアルセット内容

化粧水・乳液・クリーム・シワ改善美容液(薬用)・今治タオル1枚

こってりとしたテクスチャーなのに、 肌にふれた瞬間にみずみずしくなり角質層のすみずみへと浸透していきます。 あたえすぎないエイジングケアにおすすめ。肌本来の押し返すようなハリを引き出してくれます。

混合肌の人に合いそうなみずみずしい感触なので、まずは40代の肌に合うのか、トライアルで確認してから本品を購入するのがおすすめ。

無油分、無香料、無着色 、アルコールフリーで界面活性剤不使用。

40代の美白と保湿にぴったりなオルビスユードット

トライアルセット内容

化粧水・乳液・クリーム・シワ改善美容液(薬用)・今治タオル1枚

乾燥、くすみ、ハリ不足、ごわつきなど肌悩みにアプーチする、オルビスのエイジングケア化粧水。

トラネキサム酸を配合し、美白ケア*と保湿をしっかり対策したい人におすすめ。トライアルは1,200円でラインでお試しできますが、通常価格も3,000円代でお手頃。

ずっと使う基礎化粧品を探しているなら、いちど試して欲しいスキンケアです。

*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ

40代におすすめなのは、オルビスユー?オルビスユードット?

結論としては、混合肌の40代にはオスビスユーがおすすめですが、成分やコンセプトを考えても、美白*や保湿を重視する人にはオルビスユードットがおすすめです。

自分の肌に合うかどうか、トライアルセットで試してみるのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる